日々、ゆるゆる、ブログ

まもなく不惑、ゆるい日常を過ごしています。

【絵本】キャベツくんシリーズ 〜大人も笑える絵本〜

どうも、アラフォー主婦です。

すっかり冬の冷え込みだった週末、早々に灯油ストーブを使い始めましたよ! 

暖冬って噂を聞いてましたが、寒いモノは寒いのだ。

 

さて。

今日ご紹介するのは、こちらの絵本。

f:id:pandakobo:20171120004201j:image

 長 新太さんの「キャベツくん」です。

何気なく手に取った絵本でしたが、息子もお気に入りになったシリーズ。

キャベツくんとブタヤマさんとのやり取りが微笑ましくて、大人も思わずクスッと笑ってしまいます!

 

お腹を空かせてフラフラになったブタヤマさん(名前の通りブタさん)が、キャベツくんを食べる!と声を掛けるところから物語は始まります。

キャベツくんは、「僕を食べるとね、、こうなるよ!」と、ブタヤマさんを巧くかわしながらページは進み、最後はキャベツくんの優しさで終わります。

※キャベツくんは食べられるワケではありませんよ(笑)

 

長 新太さんの絵のタッチが、なんとも言えない味がありユーモアに溢れています。

より物語の面白さが増しているのですね。

 

キャベツくんのシリーズは何冊か出ていて、その中でも特に私と息子がお気に入りなのが、

f:id:pandakobo:20171120005105j:image

「キャベツくんのにちようび」です。

表紙からにじみ出てます、その愉快な香りが!

 

 

他にも面白い作品がたくさんあるので、ぜひ図書館で「長 新太さん」のコーナーをチェックしてほしいものです。

 

それでは、また! 

【ポケGO】ミュウツー降臨の巻

寒くて冬眠したい、アラフォー主婦です。

 

えっとですね。

昨日の土曜日。

ミュウツーと闘ってきました!

 

初めてのEXレイドバトルでございました。

イオンの中なので、寒さに震えることもなくヌクヌクとバトルできて幸いでしたね。

 

f:id:pandakobo:20171119224243j:image

ドキドキしながら待機。

周りにスマフォの画面見てる人がいたら、思わず声を掛けたくなるけれど、そんな勇気もありません(笑)

 

f:id:pandakobo:20171119224346j:image

たまごから出てきたのはミュウツー!!

 一緒に見ていた息子は大騒ぎ。

 

いや、、、恥ずかしいから、静かにしてくれ、、、

 

f:id:pandakobo:20171119224445j:image

うん、強そうだね。

ちなみに19人でバトルしました。

 

f:id:pandakobo:20171119224626j:image

やったー!٩(๑•̀ω•́๑)۶

カブトプスさんは5体目でしたよ(ㆀ˘・з・˘)

ミュウツー強くて、次々とやられてしまったけど、人数多かったからね!

 

\問題はここからだ!/

 

f:id:pandakobo:20171119225514j:image

残念ながらボールは少なめ、、、9個。

金のズリの実はボールの数と同じだけしか持ってない(笑)

 

結果は、、、

 

残念!捕獲できず(꒦ິ⌑꒦ີ)

 

3個ほどミスったしね。。。

 

f:id:pandakobo:20171119225417j:image

図鑑には影だけが追加されましたよ、トホホ。

 

 

招待状もなかなか届かなかったというのに、次はいつになったら闘えるのかな〜〜。

ミュウツー捕獲の道は遠そうです。

 

 

そして、今日も今日とてエンテイとバトルするも捕獲できず!

バトルできるタイミングがなかなか合わないだけに、月末までにゲットできるかどうか分からない、焦る!

うう〜、エンテイはなんとしてもゲットせねば。

 

それでは、また!

 

 

【香害】柔軟剤の匂いに苦しむ人もいるワケで。

どうも、ニオイに敏感なアラフォー主婦です。

 

 

突然ですが、私はとてもニオイに敏感です。

自分のニオイもさる事ながら、微かなニオイにも反応してしまいます。

特に、「自分が苦手なニオイ」には過敏に反応してしまうため、あらゆる場所で苦しい時があるのです。

 

普段、自宅で使っている洗濯用の柔軟剤。

本当に微かな石鹸の香りがする程度のモノを使用していて、ずっと同じモノを使い続けているんですね。

まぁ、切らした私が悪かったのですが、同居の母がなかったからとコンビニで買ってきた柔軟剤が、強烈なニオイのモノなんですわ(ㆀ˘・з・˘) 

 

洗濯物を干そうと洗濯機のフタを開けた瞬間から、鼻がツーンと痛くなるほどの強烈なニオイ。

洗濯物を触った手からも香ってきやがる。

乾いた後にもしっかり残ってる!

 

お風呂上がりに身体を拭くバスタオルからも、隣で寝ている息子のパジャマからも、タンスを開けても鼻につくニオイ。

 

もはや、香害レベル!!!

 

f:id:pandakobo:20171117234551p:image

 

風邪気味で鼻がつまってるにも関わらず、しっかり鼻の奥まで入ってくるニオイ。

常に鼻が痛い。

そして頭重感。

 

それなのに、、、

 

私以外の家族、誰もニオイに対して何も言わない!

 

(´Д` )

 

こんな強烈なニオイのする柔軟剤、原液のままどこかへ捨てる術が思いつかず、ひたすら我慢してる毎日です(涙)←貧乏性か(笑)

 

ちなみに外国製のモノではなく、ごくごく一般的な国内メーカーのモノです。

コンビニやドラッグストアでも見かけるので、使ってるご家庭も多いのかな?

 

グーグル先生によると、こういった香りに悩まされる人が一定数いるようなので、私の鼻がおかしいわけではないかと、、、、

ううむ。

 

 柔軟剤は

 

良い香りがする!

 

ではなく、

 

ふっくら柔らかになる〜〜!

 

を追求してほしいものです。

 

 

それでは、また!

【ポケモン】ウルトラサン&ウルトラムーンの発売日だ!

俺、マサラタウンのサトシ!

夢はポケモンマスターになること!

 

どうも、ゆるゆるポケモンマスターのアラフォー主婦です。

 

(๑•̀ ₃ •́๑)

 

今日、11月17日は、、、

 

ポケットモンスター

ウルトラサン

ウルトラムーン

の発売日だよー!

\ 

 

f:id:pandakobo:20171117231725j:image

 

ポケモンセンターで予約しましたからね。

予約特典はネクロズマです。

 

息子は何日も前から、

 

「早く17日にならないかな〜」

 

とウキウキしていました。

 

幼稚園に行ってる間に届いたので、こっそり部屋に隠しました(笑)

帰ってきて開口一番、

 

「ウルトラサン、届いた?!」

 

でした。

 

まだ届いてないからさ、とりあえずピアノの練習して待ってようと、嘘をつく母。

先にウルトラサンを見せてしまうと、絶対に練習をしないと思ってましたからね。

 

そりゃ〜、私だって早くやりたかったけど(●⁰౪⁰●)

 

渋々、ピアノの練習をする息子。

 

ちゃんと練習したのを見計らって、ジャジャーンっと見せると、

 

「なんだー!届いてるんじゃんー!」

 

とプチ切れしつつも、満面の笑み。←親バカ。

 

さっそく始めましたよ。

今回は相棒はアシマリにしました。

ムーンの時はモクローだったの。

 

まだ始めてちょっとだし、6歳児のスピードなので進みはかなり遅めですが、楽しんでやりたいと思います。

 

むふふ、夜中にこっそり進めたら怒るかな(笑)

 

そして明日はいよいよミュウツーのレイドバトル!

↑こっちはポケモンGO

ゲットできますように。。。

 

それでは、また!

 

 

  

【絵本】桃から生まれた桃太郎!〜うろ覚えの巻〜

どうも、アラフォー主婦です。

寒くなってきて静電気に怯える日々を過ごしています(ㆀ˘・з・˘) 

乾燥するとアチコチでバチバチいってますよね、、、、

 

 

さて今日も、読み聞かせ絵本の中からひとつ。

日本人なら誰でも知ってるであろう「ももたろう」です。

某携帯会社のコマーシャルでもお馴染みですよね。

あのコマーシャルの場合は、だいぶ間違った方向に進んでるので、いま一度、物語を思い出しながら読むと良いかもしれません(笑)

 

f:id:pandakobo:20171115223715j:image

※画像はamazonさんより拝借。

 

たまたま図書館で借りたものが、こちらの絵本でした。

ももたろうと言えば、いろんな絵本が出ているので、もしかしたら内容が若干違うかもしれませんね。

 

こちら、福音館書店より1965年から発売されている絵本。

息子に読み聞かせた際に、話の内容がだいぶ思っていたものと違ったので驚きました。

 

皆さん、ももたろうってどんな話か知っていますか?

 

お婆さんが川で洗濯をしていたら大きな桃が流れてきて、その桃から生まれたのが桃太郎。

きびだんごを持って、犬と猿とキジをお供に連れて鬼退治に行く、というザックリとした内容で私は覚えていました。

おそらく、ほとんどの方がそう思っているかと、、、

 

でも!

この「ももたろう」はちょっと違ったのです!

 

というか、私もよく考えたらちゃんとももたろうの物語を読んだことがなかったのかもしれない。。。

 

おおまかな流れは↑に書いた通り。

でも細かいところが、私の知っているももたろうではなかったのですよ(´-`).。oO

 

・お婆さんが川で洗濯をしていたら、最初に流れてきたのは普通サイズの桃だった。しかも激ウマ!これはお爺さんにも食べさせたい!と持ち帰っている。

 

・次に流れてきたのが大きな桃。そこからももたろうが生まれる。

 

・立派に成長したももたろうの所に助けを求めてきたのはカラス。「鬼が村を荒らしてお姫さまもさらって行っちゃったから助けてくれ!」と。

 

\まさかのお姫さま!/

 

・きびだんごを持って犬、猿、キジと共に鬼退治に出発。

 

・鬼ヶ島で鬼退治。ラスボスまで倒すと、「この金銀財宝をあげるから命だけは助けて」と懇願される。

 

・金銀財宝なぞいらぬ!お姫さまを返せ!

 

\金銀財宝を持って帰らないの?!/

 

・無事にお爺さんとお婆さんの元へ帰り、助けたお姫さまをお嫁さんにする。

 

めでたし、めでたし。

 

おおう、、、私の知ってる(つもりでいた)内容とはだいぶ違っていたよ、、、

 

ってか、お姫さま出てきてたなんて、、、(ㆀ˘・з・˘) 

 

某コマーシャルの影響で、桃ちゃんとかぐや姫が夫婦だとか、浦島太郎と金太郎は幼馴染みだと覚えてしまっている子どもたちも多いとか。

テレビの影響ってすごいなと困惑気味でしたが、私の記憶もけっこう怪しいことが分かったので、今後気をつけたいと思います。

 

話が脱線しましたが、この絵本、ぜひとも一度は手にとって頂きたい!

うちの息子も真剣に見入ってましたよ。

絵のタッチも力強くて、読む側も自然と声に気持ちが入ります。

(息子には「ママお話読むの上手!」とお褒めのお言葉を頂戴してます)

 

絵本ってやはり奥が深いものですね。

 

それでは、また!